Nigi+

シンプルで心地よい暮らしをつくる

嵐の前の静けさ

ビッグウォール工法Kmさんの家の基礎が完成しました。

 

こんにちは!

片付けに悩まない家づくりをご提案

一級建築士・ライフオーガナイザーの和田さや子です。

 

E-box3棟分くらいのボリュームがあるので、基礎だけでもとても大きく感じます。

現地確認に行ったときには、誰も作業をしていなかったので、とても静かな現場でした・・・

img_2445

ここが玄関になります

ビッグウォール工法は、構造躯体に断熱材を充填してサッシも取り付けて、

防水シートも仕上がった状態の大きなパネルを建てていきます。

このボリュームの建物がたった4日間で家の形に建ち上がるわけですから、

建て方の当日はかなり賑やかな様子になりそうですね。

 

KJWORKSには大きく分けて2種類の住宅の建て方があります。

 

完全自由設計・木造軸組工法の「木想家」

ビッグウォール工法の薪ストーブ専用住宅「E-BOX」

 

Kmさんの家はその2つのミックス。

後者のビッグウォール工法を採用した、自由設計のパターンです。

 

認知症対応型グループホームやデイサービス、保育園などの児童福祉施設を、

木の空間にしたいというご要望もいただくことがあります。

そういった中規模の建物にもビッグウォール工法で対応できることを見ていただくのに、

ちょうどよいボリュームの建物になっています。

 

以前、担当した堺市のグループホーム「みんなのわが家・はるか」は

グループホーム2ユニット分の大きさで、Kmさんの家の倍の面積がありました。

認知症対応型グループホームは1ユニット9人と決まっていますので、

9個の個室と共有のLDKやお風呂・洗面を含んだ大きさです。

 

ということは、1ユニットであれば今回の建物くらいの大きさになりますね。

 

1%e9%9a%8e%e3%83%80%e3%82%a4%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0

グループホーム「みんなのわが家・はるか」のリビングスペース

 

こんな大きな空間でも、木の家として建てることができることをお伝えしていきたいと思います。

建て方の様子はまた来週・・・お楽しみに。

 

 

ランキング参加中。応援お願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

募集中のセミナー情報

家を建てる前に家族で受けて欲しい
「片づけに悩まない家づくり」
1月22日(日)
時間:13:30~15:30
場所:くらしの杜

 

広告

作成者: nigiplus

一級建築士+ライフオーガナイザー

コメントは受け付けていません。