Nigi+

シンプルで心地よい暮らしをつくる


自分自身を大切にするキャンペーン中です

先日、1歳のお子さんの育児に奮闘中のお宅にお伺いしました。

お料理が苦手で、子供の離乳食で手一杯。

大人の料理まで手が回らない…

キッチンをどうにかして生活を立て直したい。

そんな切実なご相談をうけました。

 

こんにちは!

片付けに悩まない家づくりをご提案。

一級建築士・ライフオーガナイザー®の和田さや子です。

 

子育て中の母親は、どうしても「子供が一番」となりますよね。

わが家にも2歳と6歳の子供がいます。

先日スーパーでいちごを買って帰ってきました。

昔は迷わず自分で食べていましたが、今では「子供に食べさせないな」という気持ちが一番。

結局、親の口に入ることはほとんどないまま消費されていきます。

そういえば昔、実家の母が箱買いしたミカンの眺め

「いつも、気づいたら全部なくなってる」と言ったことを思い出しました。

 

母親が子供に「食べさせる」という行為へのプレッシャーは、

赤ちゃんの授乳期から始まっているように思います。

  • 授乳がうまくいかない
  • 体重が増えない
  • 離乳食を食べない

そんな、傍から見れば些細なことも、当事者にとっては重大な課題です。

「母親失格」と言われているように錯覚して、脅迫観念のように染み付いてしまうものです。

 

IMG_0026

上の子2歳のころ 家では白ご飯しか食べなかった暗黒時代

 

真面目なお母さんだからこそ、迷い込んでしまう育児の迷路。

そこから脱出するために「お母さんが自分自身を大切にするキャンペーン」を実施中です。

いきなり「子供を預けてお出かけする」はハードルが高いかもしれません。

自宅で出来ること…時間にすると30分くらいから…そのくらいだと始められそうですね。

 

 

1日のうちの30分。

「自分のため」に使うとしたら何がしたいですか?

 

 

ライフオーガナイズの対象はモノを片づけることだけではありません。

  • ついつい後回しにしているけど、本当はやりたいことありませんか?
  • 今目指している「母親像」は、本当に目指すべき姿ですか?
  • 本当に大切にしたいことって何でしょう?

 

そんな風に問いかけながら、お片づけ進めていきたいと思います。

 

ライフオーガナイズサービズのご相談はこちらから → SERVICE

 

 

ランキング参加中。応援お願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

 

 

募集中のセミナー情報

家を建てる前に家族で受けて欲しい
「片づけに悩まない家づくり」
5月7日(日)
時間:13:30~15:30
定員:4組
受講料:2500円/組
持ち物:筆記用具


随時募集:プライベートレッスン
時間:2時間
定員:1組
受講料:5000円/組
持ち物:筆記用具

★ご希望の日時をお伺いしてご夫婦で受講いただけます。
プライベートな話をほかの人に聞かれたくない方、じっくり相談したい方にオススメ。

 

 

 

 


忘れ物を親のせいにしないしくみづくり

 

 

 

怒涛のようにすぎる4月も、もう最終週になりました。

そろそろ新生活に疲れが出てくるころですね。

 

こんにちは!

片付けに悩まない家づくりをご提案。

一級建築士・ライフオーガナイザー®の和田さや子です。

 

 

学童に通う娘は連絡帳が2つあります。

一つは小学校用。一つは学童用。

その学童用は、帰ってくると必ず母がチェックし、

次の日持っていくというルーティンなのですが、

学童の方の連絡帳だけ、忘れがちな娘。

 

水筒の横に置いてあるのに…

娘の目に入ってないんでしょうか…

 

ここで叱るのは簡単!

しくみで乗り切ってこそライフオーガナイザーじゃないか 笑

早速、娘が連絡帳を忘れにくくなるしくみを考えました。

IMG_3360

用意したのは、ダイソーで買ってきた「超強力マグネット」2種類

 

IMG_3361

小さい方をマスキングデープで連絡帳の内側に貼ります。

 

IMG_3364

大きいマグネットはランドセル置場の正面壁に貼ります。

 

IMG_3378

連絡帳が開かないようゴムでとめ、マグネットに張り付けて出来上がりです。

 

ランドセル置場の正面、名札入れの横なので、ものすごく目につく!

これで、忘れたくても忘れられないようになったかも!?

彼女の今後の動向を見守りたいと思います。

 

娘と同い年のお子さんがいる方と小学校生活について話をしていた時、

子供が忘れ物をしたとき「お母さんが言ってくれなかったから~」と、

親のせいにするという話になりました。

 

そこでふと気づいたのですが、娘は忘れ物を親のせいにしたことはありません。

(他のことではありますが・・・)

娘自身が、小学校準備は自分の問題として考えているからなのかもしれませんね。

 

 

ランキング参加中。応援お願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

 

 

募集中のセミナー情報

家を建てる前に家族で受けて欲しい
「片づけに悩まない家づくり」
5月7日(日)
時間:13:30~15:30
定員:4組
受講料:2500円/組
持ち物:筆記用具


随時募集:プライベートレッスン
時間:2時間
定員:1組
受講料:5000円/組
持ち物:筆記用具

★ご希望の日時をお伺いしてご夫婦で受講いただけます。
プライベートな話をほかの人に聞かれたくない方、じっくり相談したい方にオススメ。

 


小1女子オシャレに目覚める

娘の保育園は服装の決まりがありました。

上はTシャツ、下はズボン。

スカートやスカッツは禁止。

小学校に上がり、ルールがなくなり、好きな服を着ていけるようになりました。

 

こんにちは!

片付けに悩まない家づくりをご提案。

一級建築士・ライフオーガナイザー®の和田さや子です。

 

保育園時代に思いついた「ゲツキン収納

曜日ごとにTシャツ・肌着・ズボンを決めているので、

娘も迷わず選べて、畳んで戻すのも簡単、

なんて素晴らしい仕組みなんだろう、と思っていました・・・が!!!

 

小学生になり、スカートやワンピースを着て行っていいことを知ると、

途端に「今日もワンピースがいい!」と、女子力発揮。

「〇〇ちゃんは、髪の毛を三つ編みのお団子にしてきてた」だの

「〇〇ちゃんの服が今日はめっちゃ可愛かった」だの

とにかく、周りの子の服装や髪型をすみずみまで観察して帰ってきます。

 

 

オシャレ女子に目覚めてしまった彼女は

ゲツキン収納を卒業するしかないようです。

IMG_3376

トップス+肌着+ボトムスが3点セットでおくルールはまだキープしていますが、

これも、寒暖差の多い今の時期はちょっと難しいですね。

 

 

「トップスは長袖だけど、ボトムスは短くしたい」

「今日は寒そうだから、長袖ワンピースと長いレギンスにする」

 

毎日、天気予報を見ては、どの組み合わせがいいかと母に聞いてきます。

 

組み合わせ収納は、長袖から半袖への過渡期が難しいですね。

アイテム別収納に戻すか、もう少し娘と相談して決めようと思います。

 

ランキング参加中。応援お願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

 

 

募集中のセミナー情報

家を建てる前に家族で受けて欲しい
「片づけに悩まない家づくり」
5月7日(日)
時間:13:30~15:30
定員:4組
受講料:2500円/組
持ち物:筆記用具


随時募集:プライベートレッスン
時間:2時間
定員:1組
受講料:5000円/組
持ち物:筆記用具

★ご希望の日時をお伺いしてご夫婦で受講いただけます。
プライベートな話をほかの人に聞かれたくない方、じっくり相談したい方にオススメ。

 


子供部屋の収納のカタチ(実例編)

わが家で子供部屋を使い始めて1か月ほどが経ちました。

子供たちも親と離れてベッドで寝る生活になれてきたようです。

とは言っても、勉強はダイニングキッチンでするので、ほぼ「寝るだけ」の部屋ですが。

 

 

こんにちは!

片付けに悩まない家づくりをご提案。

一級建築士・ライフオーガナイザー®の和田さや子です。

 

家を建てる時、子供さんがまだ2~3歳くらいなので、

子供部屋としてすぐには使わない、というご家庭はとても多いです。

今すぐは必要がなくても、将来子供部屋として使うことを見越して、

収納などをどこまで用意しておくかは、悩むポイントですね。

 

今回のおうちでは、6畳の子供部屋の一角にクローゼット収納とカウンターを設置しました。

IMG_3320

収納の中はフレキシブルに使えるようハンガーパイプと棚だけ

子供部屋のクローゼット収納は、折り畳み戸にすることも多いのですが、

幅がしっかりとれる場合は、引き戸をオススメしています。

 

引き戸のメリットはなんといっても、手前に出っ張ってこないこと。

家具の配置を決める時に、ドアが開きにくくなるから置けない…いうことを防げます。

逆に収納の幅が狭い場合は、引き戸にすると使いにくこともありますのでご注意ください。

 

 

IMG_3321

今回はカウンターの上に、スポットライトも用意しました。

卓上スタンドでも対応できますが、机の上のスッキリ度がやっぱり違います。

コンセントコードが机の上でグチャグチャとなりませんよ。

 

将来子供部屋として用意した部屋が物置になってしまう、という話もよく伺います。

できれば、子供部屋には子供のモノを置くようにしておくといいですね。

 

小さいうちはリビング周りに子供のモノを置くご家庭が多いと思うので、

必然的に、子供部屋には使用頻度の低いものが集まります。

例えば・・・

  • 来年着せるおさがりの洋服。
  • あまり遊ばない二軍のおもちゃ。
  • 季節もの
  • 子供が使わなくなって、誰かに譲る予定の物。

子供のモノしかなければ、いざ子供部屋を使い始めようとなったときに、

モノの移動が最小限で済みます。

 

小学校に上がった時・・・

本人の希望で・・・

上の子と一緒に・・・

 

子供部屋を使い始めるタイミングは人それぞれです。

いざその時が来た時に慌てないよう、出来ることから準備しておきましょう。

 

 

ランキング参加中。応援お願いいたします。
にほんブログ村 その他生活ブログ ライフオーガナイザーへ
にほんブログ村

 

 

募集中のセミナー情報

家を建てる前に家族で受けて欲しい
「片づけに悩まない家づくり」
5月7日(日)
時間:13:30~15:30
定員:4組
受講料:2500円/組
持ち物:筆記用具


随時募集:プライベートレッスン
時間:2時間
定員:1組
受講料:5000円/組
持ち物:筆記用具

★ご希望の日時をお伺いしてご夫婦で受講いただけます。
プライベートな話をほかの人に聞かれたくない方、じっくり相談したい方にオススメ。